2017年01月05日

新年のごあいさつ

こんにちは!ライフ札幌の由羅です♪





新年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!


2017年ということで、また新たな1年の始まりとなりますね!

これからまたいろいろと新しいことが始まったり、変わったりなど忙しくなっていきますが、気持ちを新たにし、これまで以上に業務、ブログ活動、施設外就労等に努めていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!



余談ですが、今年は1年を通して前年度よりも休日が4日少ないとのことです。

俗に言う「地獄カレンダー」というものですね、今年一年はより一層働くことに精を出せということでしょうか(笑)

しかし、悪いことだけではありません、年間の休日日数は減りましたが、かわりに【連休】が前年度より多くなっているとのことです。

月曜日または金曜日に祝日がズレて3連休などの連休が増えたようなのです。近いところで1月7日(土)〜9日(月)の3連休がスタンバっています。


嬉しいのかどうかはちょっと複雑ですが、とにかく【連休】は増えました。

ということで、今年もいつもと変わらずにみなさんも元気よく過ごしていきましょうね!

今年もよろしくお願いいたします!
posted by アイエスエフネットライフ札幌 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

今年もあとわずか

こんにちは!ライフ札幌の由羅です♪





今年も残りわずかとなりましたね。

うれしいこと、悲しいこと、新しいことなどなど、いろんな出来事があったかと思います。

みなさんは、今年はどのような一年でしたか?


私は、いろいろなことを経験したり、学んだりと自分のためになる出来事がたくさんありました。

このような出来事に巡り合えたのも、今いるライフ札幌事業所のおかげです。昔の自分と比べで大きな成長をしたという実感も沸いたような気がします。

来年度もさらに自分を磨いて、目指すべき一般就労に向けて、日頃の業務に取り組んでいきたいと思います。



ブログ記事の方も、たくさんの方に閲覧してもらえてうれしいの一言です。


今年は本当にお世話になりました。
来年度もよろしくお願いいたします。



ブログ記事もたくさん書いていきますので、よろしくお願いいたします。
posted by アイエスエフネットライフ札幌 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

西へ・・・!F 「「こんちきちんストリートやて」

こんにちは、アイエスエフネットライフ札幌のMです。

京都の夏といえば、私の場合
祇園祭を思い浮かべます。

この祭り自体、実は7月中の1ヶ月間に行われるさまざまな
行事の事を指します。

実施されなかったのは
応仁の乱や、第二次世界大戦時での数年間位で
9世紀からずっと続いています。

そもそも、この祭りの歴史をヒモ解いていきますと

「863年疫病退散の為に、神泉苑で初の御霊会を開いて
無病息災を祈念して〜〜」
という成りたちとかは、私自身興味が無いので
止めときます(笑)。

祇園祭の目玉は、17日に行われる山鉾巡行(やまほこじゅんぎょう)の
前夜祭である、宵山(よいやま)でしょう。

ちなみに市内の中心部を、大きな神輿(みこし)で練り歩くこの
山鉾巡行という行事こそが
あたかも祇園祭唯一の行事だと、誤って決めつけている様な報道が
今だに数多く見受けられるのは、困りものですが(^_^;))。

この前夜祭は14〜16日の3日間も続き、
それぞれ宵々々山、宵々山、宵山と呼びます。

祇園2.jpg

(宵々々山での風景=祇園の八坂神社方面です)

また、
この祇園祭りに使う神輿(みこし)等を、保存・運営している町は、
京都中京区にある、山鉾町というエリアになります。
で、こういう理由で

市内によくある、古風で一見何の変哲も無いこの町が、
祇園祭の中心である。という事は、
それこそ祇園町(←ちなみに、山鉾町との直接の関係は無いです)や
京都駅近辺、また天皇家のシンボルである京都御所 等々を
差し置いて、

この山鉾町こそが、京都の中心そのものである
ここ以外は、京都と呼べない。

というプライドが、実はこの町内の住民に根付いてるんやで。

という話も、
最近になってチラホラ聞きもしますが・・・(^_^;)。

まあ、こういうたぶん
オモシロおかしく言っているであろう都市伝説的な
話しは置いときまして。


四条通〜祇園の八坂神社(札幌で云う札幌駅〜ススキノですか)間を、
2日間(=宵山、宵々山)、ホコ天にして多くの露店が並び、

且つ、普段20時頃までで閉店する
脇にある多くの店が
深夜営業までして、夜中じゅう賑わいを見せています。


祇園3.PNG


10世紀後の風景も、タイムスリップして見てみたいものです

以上、この寒い時期に
季節外れの真夏の話でした。



<おまけ・発見>

何の建物だと思います?
御池.PNG


京都市役所の横にデンと佇んでいる、
市立御池中学校の校舎(前後2棟とも)です。
立派なあまり感動したのでした。



posted by アイエスエフネットライフ札幌 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする